laravelでテーブルを作成する

2018.09.20

まずマイグレーションファイルを作成する。

php artisan make:migration create_members_table

/database/migrationディレクトリに生成されたxxxx_xx_xx_xxxxxx_create_members_tableを編集する。

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Schema;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreateMembersTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        //
        Schema::create('members', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id');
            $table->integer('user_id')->unique();
            $table->string('first_name');
            $table->string('last_name');
            $table->integer('age');
            $table->integer('gender');
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('members');
    }
}

最後にphp artisan migrateを実行する。

php artisan migrate

To create a migration, use the make:migration Artisan command:

laravelのテンプレート内でURLを取得する

2018.09.20

laravelのテンプレート内でURLを取得するためには次のように記述する。

{{ Request::url() }}

string url()
Get the URL (no query string) for the request.

laravelのロケールを変更する

2018.09.20

laravelで作成したアプリケーションの言語設定は

/config/app.php

の「Application Locale Configuration」にて行う。

/*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Application Locale Configuration
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | The application locale determines the default locale that will be used
    | by the translation service provider. You are free to set this value
    | to any of the locales which will be supported by the application.
    |
    */

    //'locale' => 'en',
    'locale' => 'ja',

次に、/resources/enディレクトリを/resources/jaとしてコピーする。ただし中身は英語なのままなので下記等を参考にさせていただき随時変更する。

laravel-resources-lang-ja

bowerでgoogle code-prettifyをインストールする

2018.09.13

code-prettifyをインストールしたが正しく動作しなかった。原因はトリガーとなるrun_prettify.jsが読み込まれていなかったこと。通常のインストールコマンド

bower install code-prettify

ではprettify.cssとprettify.jsのみが差し込まれる。従って下記をbower.jsonへ追記する。

省略
"overrides": {
  "code-prettify": {
    "main": [
      "src/prettify.css",
      "src/prettify.js",
      "src/run_prettify.js"
    ]
  }
}
省略

https://github.com/google/code-prettify

疑似要素と疑似クラスとコロン

2018.09.12

疑似要素 (Pseudo-elements)と疑似クラス(Pseudo-class)。どちらがコロンでどちらがダブルコロンなのかいつも迷ってしまう。

/* 疑似要素 */
p::before {
    content: "■";
}

/* 疑似クラス */
a:hover {
    text-decoration: underline;
}

メモ: ルールとして、単一コロン(:)の代わりに二重コロン(::)を使用してください。これで疑似要素と疑似クラスを区別します。但し、この区別は W3C の古いバージョンの仕様書には存在しなかったため、多くのブラウザーは元々の疑似要素に対して両方の文法に対応しています。